流行語大賞ノミネート30語 なぜ豊田真由子元衆院議員「このハゲーッ!」は選ばれなかったのか 事務局に聞いた

★流行語大賞ノミネート30語 なぜ「このハゲーッ!」は選ばれなかったのか 事務局に聞いた

 年末恒例「現代用語の基礎知識選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が発表された。
その1つに、豊田真由子元衆院議員(43)が当時の秘書に発した「ちーがーうーだーろー!」が選ばれた。
インターネット上の意見を見ると、豊田元議員なら「このハゲーッ!」のほうが選ばれると予想していた人が多かったようだ。
選定の理由について、同賞の事務局に聞いた。

ネット民は「なぜ、こっち?」

 その年に話題となった言葉に贈られる「流行語大賞」は、1984年に始まった。現在の選考委員は次の5人。

 ・東京大名誉教授の姜尚中(かん・さんじゅん)さん
 ・歌人の俵万智さん
 ・女優の室井滋さん
 ・漫画家のやくみつるさん
 ・「現代用語の基礎知識」編集部長の清水均さん

 昨年の大賞は「神ってる」で、プロ野球・広島東洋カープの緒方孝市監督と鈴木誠也選手が受賞した。

 「ちーがーうーだーろー!」「このハゲーッ!」「バカかお前は!」

 豊田元議員の秘書に対する一連の暴言や暴行疑惑は、6月下旬の週刊新潮の報道で明るみに出た。
音声データも公開され、ミュージカル調の鼻歌で秘書を問い詰めるなどする様子が、連日テレビの情報番組などで放送された。

 中でもインパクトの点では、「このハゲーッ!」が多くの人の記憶に残ったようだ。

 「『ちーがーうーだーろー!』は違う気がする」「なんで『このハゲーッ!』じゃないの?」
「ハゲの人への忖度(そんたく)があったのでは」などと、11月9日の候補30語が発表後、
ツイッターをにぎわわせているのだ。

 30語は、「現代用語の基礎知識」を発行している自由国民社と大賞事務局が選んでいる。

流行語としては…

 「テレビでは確かに、この言葉(『このハゲーッ!』)がさかんに流され、多くの人が知っていると思います。
ただ、だからといって『流行語』として選ぶことが正しいかといえば、それは全く別の話です」

 事務局の担当者は、そう話す。

 「性別や年齢に関係なく、人の外見をあのように揶揄する言葉は公共の場で使われるべきではないと思います。
あの音声データを、連日にわたりテレビが放送したこと自体、『違うだろ』なのではないでしょうか」とも。

 ただし、豊田元議員の一連の発言が「多くの人の話題に上ったのは事実」と認識。
事務局は豊田元議員の発言の中から別の「ちーがーうーだーろー!」を候補に挙げたようだ。

 今年の大賞およびトップテンは、12月1日に発表される。(文化部 本間英士)

産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/171124/plt1711240001-n1.html

2.名前:takasi23 投稿日:2017/11/24(金) 17:40:08.17 ID:11MmL4oku
http://video.fc2.com/content/20171124KuvMvsqc

3.名前:名無しさん@15周年 投稿日:2017/11/25(土) 02:14:44.17 ID:m06bKaO4H
流行してない言葉大賞だからな

4.名前:名無しさん@15周年 投稿日:2017/11/25(土) 13:47:54.33 ID:vDkGfmmW0
日本人特有の いい子ぶりっ子審査委員、
国民は皆、この禿ーが脳裏に有ります 視聴率NO-1

5.名前:takasi23 投稿日:2017/11/25(土) 15:17:49.97 ID:zxJqo1TOH
http://say-move.org/comeplay.php?comeid=1794343

6.名前:名無しさん@15周年 投稿日:2017/11/25(土) 16:35:30.44 ID:pCOShfyML
悪口は大賞にできないんだろ
そういうネガティブ部門もあればいいかもね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする