イプシロンロケット打ち上げ成功 技術実証一段落

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、小型ロケット「イプシロン」3号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げた。午前7時ごろにNECの小型観測衛星「ASNARO―2」を予定通りの軌道に投入し、打ち上げは成功した。技術の実証が終わり、今後は本格運用を見据えてコスト削減などを進める。

https://www.nikkei.com/content/pic/20180118/96958A9F889DE0E7EAE0EBE0E3E2E3EAE2E3E0E2E3EA9F9FE2E2E2E2-DSXMZO2582969018012018MM0001-PB1-1.jpg
 イプシロンは午前6時6分、予定通り打ち上がった。約52分後、高度約513キロメートルの軌道にASNARO―2を投入した。3機連続の成功で、民間の衛星を搭載したのは今回が初めてとなる。

 ASNARO―2はレーダーで地表の変化をみる小型衛星。曇天や夜間でも届きやすく、土砂災害の調査に使える。NECが初めて自社所有する衛星で、9月には撮影画像の販売事業に参入する。運用システムや人工衛星をセットにした外販も進める。長く官需に頼ってきた同社にとって、外販にカジを切る転換点となる。

 イプシロンはJAXAとIHIが開発してきた小型ロケット。3号機は衛星を分離する時にかかる衝撃を減らす分離装置や、軌道を細かく調整できる推進装置を新たに加えた。JAXAの井元隆行プロジェクトマネージャは「衛星に優しいロケットとしては世界トップレベルだ」と話した。今回の成功で正確に軌道投入する技術の実証がほぼ終わった。

 今後は打ち上げ費用30億円を目指したコスト削減を進め、国際競争力を高める。3号機は機体製造と打ち上げの総額で45億円かかった。

 超小型衛星を打ち上げるロケットの開発は国内外で盛んで、衛星の受注競争は激しくなっている。ビジネスを展開するには、コスト削減とともに、打ち上げ実績を積み重ねて信頼性を高める必要がある。イプシロンは現状では必要な技術を実証した段階で、さらなる打ち上げ回数の確保が欠かせない。

 ただ政府は厳しい財政事情で予算が限られており、次々と打ち上げられる状況ではない。今後10年で10機前後の打ち上げを目指しているが、搭載する衛星は多くが決まっておらず厳しい状況が続いている。

Jaxa公式打ち上げダイジェスト映像
https://youtu.be/U2qZjFZH3x4

2018/1/18 11:26
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25829210Y8A110C1MM0000/

2.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 13:39:01.45 ID:lQoLDO7o.net
あとは核弾頭だけだな。プルトニウムは山ほどあるし、無爆発実験のノウハウもあるし、やれる環境だけだな。

4.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 13:55:20.28 ID:znrCQl9c.net
コスト削減のため、弾道で飛ばすバージョンを大量生産しましょう。
STARTⅡ条約によって短命で退役した米軍のピースキーパーICBMが約70億円
だったから、イプシロンが目指す30億円+核弾頭代はいい線いくと思う。

5.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 15:05:10.49 ID:yAEgcqqi.net
>>1
もう「打ち上げ成功」で喜ぶ時代ではなくなったんだよ!

カリアゲ君のところ見てみろや、百発百中の成功率だ。

6.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 15:24:27.21 ID:hVaJIUO6.net
核は当面プルトニウムを保有する理由が必要だ
まずプルトニウム電池を潜水艦に搭載することを提案する
実質的な原潜だ

7.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 16:28:13.16 ID:DHDbzXWR.net
サギ詐欺ビジネスの王道宇宙航空研究開発機構(JAXA)

8.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2018/01/18(木) 16:47:16.79 ID:KsfwLro2.net
炭化ケイ素繊維ボディのステルス性持たせたイプシロンに改良しよう。
そうすればもっと小さくなる。

9.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 17:25:27.22 ID:9gQ3iPEM.net
イプシロンは大きすぎるな。全長が今の半分くらいなら潜水艦から打ち上げ出来る。

10.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 17:39:28.96 ID:kvEppWeq.net
>>9
ちょうど一年ぐらい前に打ち上げ失敗しちゃったけど、
SS520なんかはイプシロンの半分以下の長さだよね。

13.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 20:19:13.86 ID:ViPHws3B.net
このロケット、現実が想定とは大きく違ってて
ビジネス的に厳しいらしいね。

15.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2018/01/18(木) 20:56:29.24 ID:ZWSTBZTd.net
固体燃料ロケットって軍事用だろ?
日本は商業利用を装って軍事技術を開発してるんじゃいのか?
こんなことやってたら周辺諸国に信用されなくなるよ。

16.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2018/01/18(木) 21:55:49.06 ID:BlebvjuX.net
>>1
日本でまともなのってここだけのような気がする
ここもコストカットでだめだめになってしまうんかな

17.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/18(木) 22:45:31.44 ID:mcbfrB+7.net
風邪かなと思ったら「イプシロン」

18.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2018/01/18(木) 22:47:47.67 ID:tqJjVrP8.net
ボトムズのイプシロンを連想した。早くボトムズのコンプリートBD-BOXが出ないものか・・・。五万円以内なら絶対買う

19.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/19(金) 10:02:21.32 ID:1h7Hkm6K.net
>>12
もうすぐSS-520の再打ち上げだよ。

20.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/19(金) 10:12:09.76 ID:1h7Hkm6K.net
>>15
むしろ、商業利用しようと思ったらロケット自体の小型化や燃料の保管が楽で
打ち上げ延期時の燃料抜き取りも必要とせず、エンジンも安価な固体燃料ロケットが
現実的でしょ。
もちろん、固体燃料ロケットだと静止衛星の打ち上げが難しいし、スペースXみたいに
エンジンを無傷で回収する技術が確立したら液体燃料ロケットの方が有利だけど。

21.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/19(金) 10:37:57.89 ID:NklCUs01.net
次期ロケットH3の一段目に付ける固体燃料エンジンとイプシロンの一段目を
同じ物にしようと開発しているけどね。

24.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/19(金) 12:51:15.37 ID:90NAJEVS.net
盗撮魔に告ぐ、「これ見てさっさと女性の前から消えなさい。」
http://www.koppkop.shop/

25.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2018/01/19(金) 16:42:14.07 ID:fgDfvNtO.net
>>13
>ビジネス的に厳しいらしいね。
H-3の方が、まだマシみたい。固体の技術維持は大人の事情なの。
イプシロン初号機の費用は、22トン打ち上げ能力のファルコン9と
あまり差が無いからなぁ。コストパフォーマンスで10倍差以上。
今後は初号機の半額になっても、5倍差ぐらい。

27.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2018/01/19(金) 21:54:05.34 ID:a5UA9lyp.net
https://www.youtube.com/embed/cAlF45lCVVo?autoplay=1

28.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2018/01/19(金) 22:28:40.73 ID:T5P/d/7W.net
それにしても、ツイッターを見ると、このイプシロンロケットの打ち上げの写真、
どいつもこいつもファンタジーな出来になってる。
その一例

https://i.imgur.com/Cmmco8Q.jpg
https://i.imgur.com/eornW43.jpg
https://i.imgur.com/wQNhBhb.jpg
https://i.imgur.com/ehJHotf.jpg

29.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2018/01/20(土) 09:15:18.69 ID:KW3ZJR3+.net
コールドローンチできないと発射台が傷むから結局はコスト高になるんだよな。
でもコールドローンチの研究とかをやると軍事が絡んでくるし。

31.名前:うえだ 投稿日:2018/01/21(日) 04:44:53.21 ID:5TTTZ4z8U
俺はマイケル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする