ドクター中松、新デザイン案発表、その数10種類以上 「日本に対する世界の信用を失墜させたくない」

☆五輪エンブレム ドクター中松氏が新しいデザイン案発表 その数10種類以上

2020年東京五輪の大会エンブレムが白紙撤回され、あらためて公募される見通しとなったことを踏まえ、発明家の「ドクター中松」こと中松義郎さん(87)が
2日、自身が考えた新しいエンブレム案を発表した。

この日、都内で記者会見した中松さんは「使用中止により、日本に対する世界の信用を失墜させたくない。一日も空白があってはいけない」と急きょ考案した理由を説明。

日の丸をイメージした赤い円と東京のアルファベットを組み合わせたものや、数字の「1」と「0」をデザインしたものなど計10種類以上の案を説明した。

http://www.sankeibiz.jp/images/news/150902/cpd1509022038011-p1.jpg
2015.9.2 20:38
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/150902/cpd1509022038011-n1.htm

2.名前:名無しさん@恐縮です 投稿日:2015/09/03(木) 00:20:59.49 ID:mbDmzCzUu
中松さんは愛国者 !

3.名前:名無しさん@恐縮です age 投稿日:2015/09/04(金) 10:22:48.44 ID:dAmyWXKvo
元気だなあw

4.名前:中川雅治 熊田裕通  自民党 2b 投稿日:2015/09/04(金) 16:30:14.15 ID:WSZZmYs2c
自民党の中川雅治参院議員(東京)が、自身の公式ウェブサイトに載せた中学時代の体験に「いじめを正当化している」などとネット上で批判が広がり、当該記事を削除していたことが分かった。
さらに同党の熊田裕通衆院議員(愛知)も自身のサイトに載せた学校時代の思い出の記事を批判され、削除した。
中川氏は自身のサイトで、義家弘介衆院議員、橋本聖子参院議員(ともに自民)との対談記事を5年ほど前から載せていた。

●●●中川雅治 熊田裕通 
拉致監禁 婦女暴行 猥褻 暴行 傷害 軽犯罪 条例違反 
●●●中川雅治 熊田裕通 

2人の記事(要約)は以下の通り

●中川雅治の記事
中学時代、クラスの悪ガキを中心に皆いつもふざけていて、小さくて可愛い同級生を全部脱がして、着ていた服を教室の窓から投げるようなことをよくやっていました。
脱がされた子は素っ裸で走って服を取りに行く。皆でおなかやおちんちんにマジックで落書きしたりしました。
やられた方は怒っていましたが、周りはこれをいじめだと思っていませんでしたね。今なら完全ないじめになり、ノイローゼになったりするケースもあるのかなあと思います。

●熊田裕通の記事
ある時、産休補助でみえた若い女性教師が生意気だということになって、いつかギャフンと言わせようと仲間とチャンスをうかがっていたんです。
放課後、先生がトイレ掃除の点検にやってきました。好機到来です。中に入ったところで外からドアを押さえて閉じ込めたんです。
そして、天窓を開け、用意していた爆竹を次々に投げ込んだんですよ。
はじめは「開けなさい」と命令していた先生も、そのうち「開けてください」とお願い調になり、最後は涙声で「開けて〜」と絶叫調に変わってきた。「やった〜」と快感でしたね。


なお我々は、過去に金銭物品を要求してきた 金融庁・財務省(大蔵省)の役人を公表し糾弾する予定である


0120 817 024  〔問合せ 新井 小野寺 寺島〕

5.名前:名無しさん@恐縮です 投稿日:2015/09/15(火) 18:21:25.26 ID:z89snfDP4
フロッピーを考えた男はさすがに偉大だ。

6.名前:名無しさん@恐縮です 投稿日:2015/09/15(火) 23:15:27.97 ID:LxD/PouKb
一人の作家が、命を賭して、あるメッセージを発信しようとしています。どうか、下記記事だけでも読んであげて下さい。
http://ameblo.jp/20150923

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする