東京五輪の寄付金付き年賀状、日本郵便発売へ

日本郵便は27日、2020年の東京五輪・パラリンピック東京大会への寄付金を盛り込んだ18年用の年賀はがきを12月1日に発売すると発表した。店頭価格は57円で、郵便料金52円を除いた5円が寄付金として東京大会の運営に使われる。 東京五輪のエンブレムなどを載せた3種類、合計1500万枚を限定で用意する。全国の郵便局で販売する。日本郵便の横山邦男社長は27日の発表会で「(五輪・パラリンピックは)4年に1度、日本が1つになる大切な文化。発展させたいという思いから生まれた」と語った。 18年用の年賀はがきの当初発行枚数は約26億枚と7年連続で減少している。日本郵便では購入増につなげるため、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の活用など様々な施策を打っており、五輪関連の取り組みはその一環だ。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23940550X21C17A1EE8000/
年賀状を送らなくなったし、どうしても送るとしてもWEBサービスで代理作成、代理投函してもらうから年賀状に触れること自体がなくなったなあ。  
2.名前:名刺は切らしておりまして sage 投稿日:2017/11/27(月) 18:58:35.37 ID:L/jE+0Id.net
年賀状を出す相手が居ないし東京五輪には協力しないと決めてる。
 
6.名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2017/11/28(火) 22:01:45.48 ID:7kSq0jlkv
もう何をやっても痛々しい。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする