東京・大阪の死闘44選挙区当落 大阪で日本維新の会失速で「仁義なき戦い」

■東京・大阪の死闘44選挙区当落、大阪維新失速で“仁義なき戦い” 選挙プランナー・松田馨氏分析

10・22衆院選の投開票日まで、残り2日となった。
安倍晋三首相率いる自民党と公明党の与党陣営と、小池百合子代表(都知事)の「希望の党」、
枝野幸男代表の「立憲民主党」による“三極対決”は、まさに死闘の様相を呈してきた。
朝鮮半島危機や少子高齢化に対応する、各党の訴えは有権者にどう届いたのか。
無党派層が多い東京25選挙区と、大阪19選挙区の計44選挙区の最終情勢について、
選挙プランナーの松田馨氏が徹底分析した。

「希望が絶望に変わった。『民進党よりもマシだ』と思って、希望の党に移った民進党出身者が多かったはずだが、
希望の党で戦っていること自体が逆風になっている。
希望の党が出た選挙区には、共産党や立憲民主党の候補が“刺客”を立てた。
小池代表のおひざ元・東京でも、小選挙区で勝てるのは、1議席にとどまるだろう」
松田氏は、東京25選挙区の傾向を、こう語った。

報道各社の世論調査と同様、やはり希望の党の大失速が目立つ。
圧倒的な強さを見せた7月の東京都議選の勢いは見る影もない。

一方、小池氏に「選別・排除」された面々が立ち上げた立憲民主党は、
「小池氏の『憲法改正』『安全保障関連法の容認』を拒否した」とアピールして、
左派有権者の支持を集めている。

自民党は野党分裂で選挙戦を優位に進めるとみられたが、
東京では希望の党や立憲民主党と競り合う選挙区が多数ある。
(>>2へ続く)

ソース:http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171020/soc1710200011-n1.html

2.名前:モチモチの木φ ★ 投稿日:2017/10/22(日) 05:30:10.42 ID:???
(>>1から続き)
特に注目したいのが、東京1区(千代田区、新宿区と港区の一部)と、3区(品川区と大田区の一部)、
10区(新宿区と中野区、豊島区、練馬区の一部)、15区(江東区)だ。

東京1区は、事実上、「自民党vs希望の党vs立憲民主党」という典型的な三つどもえの戦い。
自民党の山田美樹元外務政務官は東大法卒の元経産官僚、希望の党の松沢香氏は慶応大法卒の弁護士、
立憲民主党の海江田万里氏は、菅直人内閣で経産相として東電福島第1原発事故に対応した。

東京3区は、「自民党vs希望の党」の血みどろガチンコ対決が繰り広げられている。
石原慎太郎元都知事の3男、自民党の石原宏高元内閣府副大臣と、
希望の党の松原仁元国家公安委員長が6度目の対決に挑んでいる。
過去の戦績は「3勝2敗」で、宏高氏に軍配が上がっている。

当初、小池氏の援軍を得て、松原氏が圧倒するかと思われたが、
松原氏の希望の党入りに反発した連合が、松原氏の支援を拒否したことで情勢は一変した。
宏高氏がリードしているようだ。豊洲新市場への移転問題で、
小池氏に血祭りに上げられた石原家だが、雪辱を果たせるか。

小池氏の衆院議員時代の固い地盤、東京10区は消滅寸前だ。
側近の若狭勝前衆院議員が引き継いで昨年10月の衆院補選で圧勝したが、「小池百合子」「自民党」という看板があったからこそ。
希望の党への逆風が強まり、極めて劣勢に追い込まれている。

自民党は選挙戦最終日の21日、「敵将のクビを獲る」意気込みで、
小泉進次郎筆頭副幹事長を東京10区の3カ所に投入し、絨毯爆撃でとどめを刺す。
自民党関係者は「自民党を裏切った若狭氏には、比例復活さえ許さない気持ちで戦っている」と語る。

東京15区は、自民党の秋本司前衆院議員と、希望の党の柿沢未途前衆院議員が横一線で争う。
野党分裂もあり、松田氏は「柿沢氏はギリギリ比例復活できるかどうかぐらい、追い込まれている」と話す。
(>>3へ続く)

3.名前:モチモチの木φ ★ 投稿日:2017/10/22(日) 05:30:21.87 ID:???
(>>2から続き)

西の大票田、大阪の終盤情勢はどうなってるのか。

「楽な選挙はない。すべて厳しいと思ってやっている」
日本維新の会の松井一郎代表は17日、大阪市内で記者団にこう語った。
大阪は維新の牙城であり、19選挙区中15選挙区に候補を立てた。

大阪9区(池田市、茨木市、箕面市、豊能郡)では、「国会の爆弾男」こと足立康史前衆院議員と、
自民党の原田憲治元総務副大臣が、ほぼ互角に張り合い、神経戦が続く。

関西有数のベッドタウンを抱える大阪11区(枚方市、交野市)では、自民党の佐藤ゆかり元経産政務官がやや先行し、
無所属の平野博文元官房長官と、維新の伊東信久前衆院議員が猛追する形だ。

大阪18区(岸和田市、泉大津市、和泉市、高石市、泉北郡)では、維新の遠藤敬国対委員長が先行し、
自民党の神谷昇前衆院議員と1票を奪い合う“仁義なき戦い”を繰り広げているという。

松田氏は「維新には前回衆院選ほどの勢いがない。
近畿比例で8議席獲得しているが、今回は5-6議席程度だろう」と分析する。

これまで維新は、橋下徹前大阪市長のカリスマ性に負うところが大きかった。
橋下氏の政界引退後、維新低迷が心配されたが、個性的な政治家の活躍で
「大阪発の改革・国政政党」としての存在意義を確立した。
14年12月衆院選では、圧倒的な強さを見せつけ、16年参院選でも飛躍した。

(>>4へ続く)

4.名前:モチモチの木φ ★ 投稿日:2017/10/22(日) 05:30:30.70 ID:???
(>>3から続き)

その維新の牙城で、地殻変動が起こっているという。
地元関係者は「維新失速の最大の原因は、小池氏主導の『三都物語』に乗ったことだ。
大阪の有権者には『維新が、希望の党の軍門に下った』ように映った。東
京に対抗心を燃やす“大阪ナショナリズム”に火を付けてしまい、維新への反感につながった」と語る。

一方、松田氏は「維新と希望の党が協力し、候補者調整した戦略は間違っていない。
ただ、松井氏は都議選のとき小池氏を批判していたが、
衆院選では『基本的政策が一致している』と語った。
有権者には分かりにくかったようだ」と語っている。

(以上)

5.名前:モチモチの木φ ★ 投稿日:2017/10/22(日) 05:30:43.38 ID:???
関連スレ:
★【衆院選】第48回衆院選公示 1180人立候補 3勢力争う構図
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi#newsalpha/1507636820/
★【世論調査】自民党最大300超も 立憲民主党は勢い増す 毎日新聞世論調査
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi#newsalpha/1508101245/
★【世論調査】自民党・公明党3分の2超へ ガラパゴス左翼・立憲民主党が野党第一党も 希望の党は公示前下回る可能性 産経・FNN合同世論調査
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi#newsalpha/1508159716/
★【世論調査】自民党284議席・公明党34議席 希望の党46議席 ガラパゴス左翼・立憲民主党47議席 ニコニコ世論調査
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi#newsalpha/1508257830/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする